Archive for the ‘ブログ’ Category

普段使用しない座敷の改修工事

2021-06-26

◎建具が入り完成いたしました。

建具の製作時間が1ヶ月半ほどかかってしまいまい不便な思いをさせてしまいましたが、こだわった建具なだけあって、かなりの高級感があります。

 

◎ロールスクリーンとブラインドカーテンを取り付けました。

光の加減がいい感じに映ってます。

 

◎クロスも貼り終え、照明器具も付き、養生が取れました。

無垢の檜のフローリングと既存の天井材とマッチしてます。

壁の一部にデザインウォールを配したのがいい感じです...が、光がないとデザインウオールって映えないんですね☺

ロールスクリーンとブラインドカーテン、建具の採寸をして作成にかかります。少しお時間がかかりますので、部屋はこのまま使用していただきます。

 

◎解体作業です。目透かしの天井は既存のまま利用します。

 

 

◎普段あまり使用しない座敷と奥座敷をリビングと寝室に改修いたします。

心が豊かになる空間づくりをテーマに改修いたします。

成長に合わせて

2021-06-24

子供部屋を本棚で区切り、パーテーションを造作しました。

裏面も本棚です😊

元に戻すときは、クロスの貼替のみで復旧できるように施工してあります。

 

ほかにもサイクルポート、ウッドデッキを設置しました。

めだかの池の増設

2021-06-15

今年も赤ちゃんが生まれ、めだかの池を増設しました(^^♪

(赤い方)

 

鉄骨建物のリフォーム

2021-03-20

途中からですが、内装リフォーム工事の様子をご紹介いたします。

 

鉄骨構造ですので間仕切り等は自由設計となり、既存の壁も極力残しながらお施主様と打合せしてきました。

解体後、新しい壁を起こします。

 

右はユニットバスの設置風景、左はキッチン設置の後に仕上げの様子です。

 

こんな風に仕上がりました。

 

↓水回りの様子。

↓ガレージ内に新設したお部屋。

 

 

 

和風建築の玄関と木製戸箱の改修工事

2021-02-28

玄関引き違戸、上がり框の改修工事です。

下の写真は現況写真です。

 

工事開始

まずは玄関引き違い戸を鋼製建具に変更いたしました。

 

引き続き玄関の上がり框を解体したら...

シロアリの侵食がひどく框部分を全撤去に。そして基礎を改めて補強し直しました。

 

極力新たに框を入れ、防蟻処理を施し再生です。

不具合に手を入れていただければ、いつまでも快適に住むことは可能です。

 

いよいよ戸箱の復旧にかかります。

工場にて作成し、現場で取り付けます。

すべてヒノキ材ということで、組み方や仕上げに気を使います。

工場にて仮組したものをばらし、現場にて再度汲み上げます。

既設との取り合いを併せ、元通り完了です。

可愛い新築住宅工事

2021-02-10

完成

完成となりました♪

 

ホールは天井表しの仕上げとなってます。

クローゼットは大きく確保しております。

 

トイレ、洗面、浴室とコンパクトに配置されております。

 

玄関の様子です。

軒裏と正面の壁材を無垢の板を貼ってあります。

ポストは建物内から受け取れるようにしてあります。

 

外装

ようやく足場が取れ、いよいよお披露目となります。

間口が1.5間と外観はかわいらしいですが、間取りはゆとりの空間となっております。

 

内装工事

LDKの造作工事の様子です。

 

二階部分は、ほぼ終わりました。

 

造作工事

構造用金物を取付、金物検査も終わり壁にグラスウールを敷き詰めたところです。

壁面は屋根よりは日が当たらないため、一般的な断熱性能を選択してます。

屋根仕上げは鋼板葺きなので、ウレタン断熱を選択しております。

 

田坂棟梁です。(^▽^)

 

 

外壁下地

準防火地域のため、外壁下地に不燃材を貼ります。

プラスターの下の透湿シートは雨養生の用で、プラスターの上にもう一度透湿シートを貼り胴縁を流します。

 

 

屋根の板金伏せ、断熱材

屋根をGL鋼板縦ハゼ葺きにて葺きます。

鋼板葺きなので熱伝導が高いため、屋根の断熱材には発泡ウレタンを施工しました。右の写真の天井に吹き付けてあるモコモコがそうです。

 

棟上当日

レッカーが設置できないためすべて人力にて屋根終いまで8人が2日をかけて行いました。

作業中天気も持ち、事故も無く無事終了しました。

おめでとうございます。

 

基礎、土台伏せ

型枠が外れ、基礎が出来上がりました。

 

先に配管を設置します。

 

棟上に向けて土台を伏せ、材料を搬入し、先行して足場を掛けて当日を待ちます。

工事着工

G様邸の基礎工事が始まりました。

配筋検査も終わり、上棟に向け進めて参ります。

築60年の当社の食堂をリノベーション

2020-12-20

当社の打合せショールームを開設しました。

 

完成までのプロセスを簡単にご紹介いたします。

まずは築50年の建物を解体します。

 

土台や一部の柱はシロアリに侵された状態でした。

すべて入れ替えます。

 

新しい間取りに合せた基礎の新設をし、機能を果たしていない土台と柱の入れ替えをして、耐震パネルにて構造のグレードアップをします。

 

配管を遣り替え、床組みをします。

外部は透湿シートに胴縁下地をし、新たに庇を新設しました。

 

構造に金物補強をして、内部の下地組をします。

 

オリジナルキッチンを作成いたしました。

下の写真は、仕上がる前の設置状態です。

プライマーを塗って(左)特殊な仕上げ材で(右)仕上げました。

下が完成の写真です。

幅に1800mの制限がありましたが、作業性を良くするために奥行きを広く取りました。

コンロは卓上に専用コンセントを設け、あえてビルトインでは無く卓上用にしました。

 

内部の仕上げ、外部の仕上げ工事です。

 

完成しました。

遊びに来てください。

抜けた洗面所の床の修繕

2020-12-17

「洗面脱衣室の床が抜けた 」との連絡を受け、駆け付けました。

タイル部分の床面が抜け落ち、下地が腐食しているかと思われます。

既設の床を撤去して、必要とされる所の土台を入れ替え、新しい大引きと根田を敷き、防腐剤を塗ります。

耐水合板の上に水に強いフロアーを施工し完成です。

他、敷居の取替、建具調整など今できることはやりました。

プレウォール工法新築住宅

2020-11-30

完成

外観

主な居室

クローゼット収納

キッチン、浴室、洗面、トイレ

主な一部の写真です。

収納の多い使い勝手の良い設計となっております。(^^♪

 

外構化粧

工事中の外回りの地盤を整地して化粧砕石を敷き込み、きれいに整えてます。

 

内装工事

造作が終わり、内装工事にはいります。

木部の塗装工事クロス工事と、殺伐とした現場からいよいよ命が吹き込まれていく思いです。♪

 

キッチン

キッチンの設置が完了いたしました。

養生が取れるのが楽しみです。(^^)

 

足場取り外し

ようやく足場が外れることとなりました。

早速玄関と裏口のタイルや基礎周りを左官屋さんに仕上げてもらってます。

 

外壁工事

↓ 透湿シートと胴縁下地の施工です

 

↓ サイディングを貼っていきます。

貼り終わるとシーリングで処理をします。

 

↓  外装タイルの接着貼りの施工風景です。

 

経過報告

↓一階と二階の天井下地組

↓電気屋さんのひろし君です。

↓二階の天井と床のプラスターボード貼り。

 

 

造作とベランダ防水

造作が始まります。

この現場を仕切りますのは田坂棟梁です。

この田坂棟梁は、各務原市内の2か所の駅で会うことができます。探してみてください。

 

ベランダの床に、FRP材にて防水処理をしました。

 

金物取付、瓦葺き

耐力金物を計算によって出された指定の場所に取り付けていきます。

すべて設置後、検査員に正しいものが正しい位置に入っているかをチェックしてもらいます。

 

 

瓦葺きです。

棟上げの次の日から屋根葺きが始まります。

↓ドローンにて撮影しました。

default

default

 

棟上げ

雨で数日遅れましたが、本日よりIR様邸の棟上げが始まります。

 

一日目…

柱を立て、一階の腰組みを組み立てていきます。

同時に壁の耐震断熱パネルも外周にはめ込んでいきます。

 

二日目…

二階の柱を立て、小屋組みを組んでいきます。

外周に耐震断熱パネルを入れていくのは昨日と同じですが、この作業結構手間がかかるんです…💦

★このパネルが「プレウォール」です。

母屋まで乗せて、二日目終了。

 

三日目…

屋根断熱パネルを敷き、垂木を流します。

 

四日目…

壁や屋根パネルの隙間に気密テープを貼って断熱性能を上げます。

 

 

屋根にルーフィングを乗せるまで四日かかりました…💦

本日はおめでとうございます。

 

※今回使用しているパネル工法をプレウォール工法といいますが、我が社がいろんな耐震断熱工法を吟味した中で一番推奨できる工法だと自負しております。連続する地震への体力や気密性の高さ、当然断熱性能も良いですが、私は今後のリフォームの時の施工性にも良いと考えてます。気兼ねなくお問い合わせください。

 

土台伏せ

棟上日に合わせ、土台を伏せていきます。

合わせ、材料も現場に搬入しました。後日足場も設置して棟上げ当日を迎えます。

 

礎着工

基礎の工事に入ります。ベタ基礎工法での施工です。

鉄筋を編み、先ずはベース(底盤)となるコンクリートを打ち込みます。養生期間を置いて、立ち上がりの作成に入ります。

 

続いて、立上りとなる型枠にアンカーボルトをセットして、コンクリートを流し込みます。養生期間を経て型枠を外します。

綺麗な夕日の差し込む美しい基礎が完成いたしました。

 

地盤改良工事

地盤調査結果に基づき湿式柱状改良工事をおこない、地盤の強化をします。

開発造成工事

調整区域内の為、開発工事をします。

 

着工

住宅建設工事にあたり、宅地の開発造成工事に入ります。

和式から洋式へのトイレ改修工事

2020-11-03

和式トイレから洋式トイレへの改修です。

やはり足腰に負担のかかる和式トイレは年齢を重ねるごとに辛くなっていきます...。

現調にて奥行き1280mmとぎりぎりのスペースでしたので、出の少ない便器を選択いたしました。

 

完成です。

一緒に洗面脱衣室の床、敷居や扉も新調いたしました。

« Older Entries

ページ上部に戻る